HubSpot対Salesforce徹底比較!自社に合ったCRMは?

HubSpotとSalesforceは、世界中の多くの企業が活用しているCRMプラットフォームです。しかし、どちらが自社に最適な選択なのでしょうか?

この記事では、それぞれの基本概要や価格、機能、ユーザー体験、サポート体制について徹底的に比較し、自社に合ったCRMプラットフォームの見極め方を提供します。

記事を読むことで、

  • HubSpotの特徴と強み
  • Salesforceの特徴と強み
  • 価格面での優れたコストパフォーマンス
  • 機能面での違いと活用方法
  • ユーザー体験やデザイン、操作性の検証
  • 顧客サポートの評価

など、それぞれのプラットフォームが持つ要素を理解し、自社のビジネスニーズに最適な選択を可能にします。記事には、実際に利用者からの評価も取り入れていますので、納得のいく選択ができるでしょう。

HubSpotとSalesforceの基本概要

HubSpotとSalesforceは、それぞれ異なる強みと機能を持つCRM(顧客関係管理)ツールです。これらのツールは企業にとって非常に重要であり、営業、マーケティング、サポートなどの業務効率を向上させる役割を果たします。

HubSpotは、総合的なマーケティングオートメーションプラットフォームであり、Webサイトのコンテンツ管理(CMS)、SEO対策、メールマーケティング、リード獲得、ソーシャルメディアマーケティング、顧客データの分析といった機能を提供しています。特に、無料のCRM機能が最大の魅力であり、中小企業にとって手軽に導入できる点が営業活動の支援に効果的です。

Salesforceは、世界有数のCRMツールであり、主にセールスフォースオートメーション(SFA)機能が評価されています。また、カスタマイズ可能なダッシュボードや高度なレポート機能、多様な連携アプリによる拡張性が強みです。大規模な企業や独自の業務フローが必要な場合に適しています。

どちらのツールもそれぞれの利用シーンに応じて選択することが重要であり、ユーザーのニーズに合った最適なプランを検討して導入することが求められます。

HubSpotの特徴と強み

HubSpotの特徴として、総合的なマーケティングオートメーション機能があります。その中でも、無料のCRMが特筆され、初心者でも簡単に利用できるため、中小企業に適しているとされています。

hubspot-img(大)
無料でCRMツールの利用が可能

また、質の高いコンテンツを提供するブログやリソースが充実しており、マーケティングや営業のノウハウを学べる機会が豊富です。

スクリーンショット 2024-03-14 16.56.21(大)
HubSpotについて学べるHubSpotアカデミーも無料で利用できます

HubSpotの強みは、CMS、SEO対策、メールマーケティング、リード獲得、ソーシャルメディアマーケティングなどの機能を一括して提供している点です。これにより、企業は各部門がより効率的に連携して業務を遂行することが可能となります。また、導入や運用が容易であり、コストパフォーマンスに優れていると評価されています。

HubSpotとは?について詳しく解説した記事はこちら

Salesforceの特徴と強み

Salesforceは、CRMのリーダー企業として広く認知されており、特にセールスフォースオートメーション(SFA)機能が評価されています。Salesforceの特徴は、高い拡張性とカスタマイズ性であり、大規模な企業や独自の業務フローが必要な場合に適しています。

強みとして、豊富な連携アプリが提供されており、企業のニーズに合わせて機能を追加することができます。

スクリーンショット 2024-03-15 11.09.17(大)Salesforceでは豊富な拡張機能が用意されています(AppExchange)

また、リアルタイムで情報を共有することができるダッシュボードや高度なレポート機能があり、効果的な顧客管理が可能です。さらに、幅広いサポートオプションが提供されており、ユーザーへのサポート体制が充実しています。

価格比較: どちらがコストパフォーマンスに優れているか?

HubSpotとSalesforceの価格比較を行う際、まずはそれぞれのツールの提供するプランや機能を検討することが必要です。HubSpotは、無料のCRM機能を提供しており、中小企業に手軽に導入できます。また、有料プランでも比較的安価であり、コストパフォーマンスが高いと評価されています。

Salesforceは、高い拡張性とカスタマイズ性が特徴であり、大規模な企業や独自の業務フローが必要な場合に適しています。ただし、基本プランの価格がHubSpotよりも高く、拡張機能やカスタマイズにかかる費用も考慮する必要があります。

結局のところ、どちらのツールがコストパフォーマンスに優れているかは、ユーザーのニーズや業務内容、予算によって異なります。それぞれのツールが提供する機能やサポート体制を検討し、自社の状況に最適なCRMツールを選択することが重要です。

HubSpotの料金プランと無料ツール

HubSpotは、企業のマーケティングや営業を効率化するためのCRMツールとして知られています。HubSpotには無料で利用できるCRMツールと、有料のCMS Hub、Marketing Hub、Sales Hub、Service Hub、Operations Hubがあります。それぞれに料金プランが用意されており、企業規模やニーズに応じて選択できます。

基本プランは無料で、機能制限があるものの、リード管理や顧客データの一元管理など、必要最低限な機能が利用できます。料金プランは、スターター、プロフェッショナル、エンタープライズの3つに分かれます。

hubspot料金表
※2024年3月時点のプランです

現在の詳しいプラン内容についてはこちら

Salesforceの料金プランと無料ツール

Salesforceは、CRMの世界的なリーダーとして知られており、様々な業界や企業規模で活用されています。SalesforceにもSales Cloud、Service Cloud、Marketing Cloudといった業務に特化した機能があり、それぞれに料金プランがあります。

料金表 (1)※2024年3月時点のプランです

Salesforceはこれらの基本のプランに加えて追加できる機能が豊富に用意されているのも特徴です。

現在の詳しい料金プランについてはこちら

Salesforceでは、30日間の無料トライアルを利用して、Salesforceの機能を一定期間体験することが可能です。ただし、完全な無料ツールは提供されていません。

機能面での違い: 営業・マーケティング・サポート

HubSpotとSalesforceの機能面での違いは、主に営業、マーケティング、サポートに関する部分です。

  • 営業:両社ともにCRM機能が強化されており、顧客データの管理や営業活動の追跡が容易です。ただし、Salesforceの方がより高度な営業機能や顧客対応のカスタマイズが可能で、大規模な営業チームに適しています。
  • マーケティング:HubSpotは、インバウンドマーケティングに特化した機能が強みで、SEO対策やコンテンツマーケティング、リード獲得に役立ちます。一方、Salesforceは、広告運用や顧客情報の一元管理が可能で、他のマーケティングツールとの連携が容易です。
  • サポート:HubSpotは、顧客サポートチームが充実しており、チャットや電話でのサポートが受けられます。Salesforceも顧客サポートが充実していますが、機能が高度であるため、専門知識が必要とされる場面があります。

どちらのツールを選択するかは、自社のビジネススタイルやニーズに応じて検討することが重要です。

HubSpotの主要機能と活用方法

HubSpotは、企業向けのマーケティング、営業、顧客サポート、CRMのプラットフォームを提供するサービスです。以下では、HubSpotの主要機能とその活用方法について説明します。

  1. CRM機能: 顧客と取引情報の一元管理が可能で、効率的な営業活動を支援します。CRMは無料で提供されており、管理画面から簡単にデータの登録や更新ができます。
  2. マーケティングオートメーション: コンテンツ作成、Landingページ設置、リード獲得、顧客追跡ができます。これによって、見込み客の獲得や顧客エンゲージメントの向上が期待できます。
  3. メールマーケティング: メールの作成、配信、分析ができます。効果的なメール配信を行い、顧客とのコミュニケーションを改善します。
  4. SFA (Sales Force Automation): 商談管理や予測分析ができ、セールスチームの効率向上を支援します。
  5. CMS機能: 無料のウェブサイト作成ツールを使用して、企業のコンテンツを作成・管理・分析できます。
  6. 分析ツール: 各種データをリアルタイムで収集・分析し、最適なマーケティング戦略や営業方法を導き出します。

HubSpotの活用方法としては、以下のようなものがあります。

  • CRMを活用して、顧客との関係を深め、リピートビジネスを促進します。
  • マーケティングオートメーションと組み合わせて、顧客に適切なタイミングでアプローチを行い、効果的なリード獲得を実現します。
  • メールマーケティングを利用して、ターゲット顧客にパーソナライズされたコンテンツを提供し、コンバージョン率を向上させます。
  • 販売管理ツールを使用して、商談の進捗を把握し、営業チームのフォローアップを効果的に行います。
  • Webサイトを活用して、ブランディングやプロモーションを行い、集客効果を高めます。
  • 分析ツールを利用して、効果的な戦略の策定や改善が可能です。

Salesforceの主要機能と活用方法

Salesforceは、CRMのリーディングプロバイダーであり、企業のマーケティング、営業、カスタマーサービスの効率化を支援します。以下では、Salesforceの主要機能とその活用方法について説明します。

  1. CRM機能: 顧客情報管理、商談管理、案件推移の分析など、営業業務に不可欠な機能を提供します。
  2. マーケティングオートメーション: 顧客の行動データを活用し、最適なタイミングでアプローチが可能です。これにより、効果的なリード獲得や顧客エンゲージメントが実現されます。
  3. カスタマーサービス: 一つのプラットフォーム上で顧客対応ができ、効果的なサポートが提供できます。
  4. アプリケーション開発: 自社で独自のアプリケーションを開発・利用することも可能で、業務効率の向上が期待できます。
  5. クラウド統合: システム全体の連携が円滑に行われ、各部門での情報共有が向上します。

Salesforce活用方法としては、以下が挙げられます。

  • CRM機能を使用して、顧客とのコミュニケーションを強化し、売上向上を目指します。
  • マーケティングオートメーションを活用し、効果的なリード獲得やビジネスの拡大が可能です。
  • カスタマーサポートの向上を図り、顧客満足度の向上を目指します。
  • 独自アプリ開発により、企業の業務ニーズに応じた最適なソリューションが提供されます。
  • クラウド統合により、企業内での情報共有がスムーズになり、業務効率の向上が期待できます。

ユーザー体験: デザインと操作性を検証

ユーザー体験は、ビジネスにおいて重要な要素であり、デザインと操作性はその中心です。デザインは直感的で使いやすくなければならず、操作性はスムーズで迅速な対応が求められます。それらを検証することで、企業は顧客満足度の向上や新たな顧客獲得に繋がるでしょう。具体的な検証方法としては、以下のようなものが考えられます。

  • 実際にサービスを利用してみる
  • ユーザーフィードバックを収集し分析する
  • 競合他社との比較

これにより、企業は自社のサービスが最適なユーザー体験を提供できるか確認することができます。

HubSpotのユーザーインターフェース

HubSpotは、操作性の高いユーザーインターフェースを提供しています。そのデザインはシンプルで直感的であり、初めてのユーザーでも容易に機能を理解し活用することができます。また、各種ツールや機能にアクセスしやすいレイアウトが採用されており、業務効率の向上にも寄与しています。

HubSpotでは、顧客データやマーケティング活動、営業パイプライン等の情報が一元管理され、チーム全体での共有が可能です。これにより、業務の進捗状況や収益情報を簡単に把握できるでしょう。

スクリーンショット 2024-03-15 15.27.52
すべての機能を一元管理することが可能です。

Salesforceのユーザーインターフェース

Salesforceもまた、効率的なユーザーインターフェースを有しています。Salesforceのデザインは、多機能な業務に対応できるよう柔軟性を持ちながらも、使いやすさに重点が置かれています。初めてSalesforceを利用するユーザーも、すぐに機能やツールに慣れることができるでしょう。

また、Salesforceではユーザーが必要とする情報を瞬時に入手できるよう、ダッシュボードがカスタマイズ可能です。これにより、各担当者が効率的に業務を進めることができ、最適な顧客対応を実現します。

スクリーンショット 2024-03-15 12.47.14(大)
多くの機能が備わっており、ユーザーの業務に合わせて最適なカスタマイズが可能です。

顧客サポート: どちらのサービスが利用者をサポートしているか

顧客サポートは、CRMシステム選びにおいて重要な要素です。理由として、企業が問題に直面した際、効率的かつ適切なサポートが提供されることで、業務への影響を最小限に抑えられるからです。

今回は、HubSpotとSalesforceという2つのCRMプロバイダーの顧客サポート体制を比較し、それぞれの特徴や利点を明確にします。

HubSpotのサポート体制と評価

HubSpotのサポート体制は非常に充実しています。具体例としては、チャットやメールでのサポートが提供され、専門の担当者が迅速に対応してくれます。

画面右下に「ヘルプ」のボタンが常に表示されており、困ったときはそこからすぐにサポートへ問い合わせることができるのもポイントです。

hubspot-img1

また、オンラインの知識ベースやFAQを活用することで、自分で解決策を見つけられる可能性もあります。

さらに、ユーザー向けのウェビナーや教育コンテンツが豊富に用意されており、利用者は自社ビジネスに最適な方法でHubSpotを活用できます。このため、HubSpotのサポート体制は、多くのユーザーから高い評価を受けています。

Salesforceのサポート体制と評価

Salesforceのサポート体制もまた、業界内で高く評価されています。電話やチャットによるサポートはもちろんのこと、オンラインコミュニティやサポートポータルを通じて、迅速かつ的確な回答が得られます。特に、Salesforceは世界中に多くのユーザーがいるため、コミュニティでのディスカッションが活発に行われています。

スクリーンショット 2024-03-14 17.31.20(大)日本語でのコミュニティもあり、質問や回答が活発に行われています。

 

また、Salesforceでは、リモートでのトラブルシューティングや1対1のコンサルティングサービスも提供しており、使用者のニーズに合わせたカスタマイズが可能です。このような充実したサポート体制が功を奏し、Salesforceも多くのユーザーから良好な評価を受けています。

まとめ: 自社に最適なCRMプラットフォームの選択

結論として、HubSpotとSalesforceという2つのCRMプラットフォームは、それぞれ異なる特徴と顧客サポート体制があります。どちらを選択するかは、自社のビジネスニーズや目的によって決まります。

HubSpotは使いやすさや教育コンテンツが豊富で、特に中小企業向けと言われています。一方、Salesforceは広範囲な機能とカスタマイズ性が強みで、大企業や業務が複雑な企業に向いているとされています。

以上を踏まえ、どちらが自社に最適なCRMプラットフォームか検討し、ビジネスの成長を加速させましょう。

HubSpotの導入はアクセサイトへご相談ください

HubSpotの導入に関してお困りの方や代理店をお探しの方は、ぜひHubSpotの認定ゴールドパートナーのアクセサイトにご相談ください。

アクセサイトは、営業やマーケティングに関するコンサルティング・クラウド導入支援から、Webサイト制作、デジタルを活用したコンテンツ制作・広告運用を行なっている会社です。HubSpotのライセンスの選定・販売・導入までワンストップでサポートします。

HubSpotの導入を検討中の方、アクセサイトに相談してみたいという方は、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。

HubSpotに対するお問い合わせはこちら

この記事をシェアする

Facebook Twitter LinkedIn note はてなブログ
アクセサイト編集担当

アクセサイト編集担当

マーケティングDX・営業DXに関連するお役立ち情報を投稿しています。
以下の公式SNSでも情報を発信していますので、ぜひフォローをお願いします!

SHARE

Facebook Twitter LinkedIn note はてなブログ
前の記事へ ブログ一覧へ戻る 次の記事へ